和田晃一良(コインチェック社長)の彼女や嫁(妻)は?子供はいる?

どうもこんにちは!!


仮想通貨の取引を行うコインチェック株式会社が
約580億円の不正送金
が話題になっています



リアルタイムでAbeaTVより記者会見を見ていたのですが

社長の和田晃一良がとっても若かった印象を受けました


今回は
・和田晃一良のwiki風プロフィール
・嫁や彼女はいる?



などなど、事件の概要も紹介しながら調査結果をまとめていきたいと思います!!

スポンサーリンク


・コインチェック不正送金事件の概要



まずはこちらの動画をご覧ください




出川哲朗が出演しているコインチェックのcmです


仮想通貨の取引を行なっているのが
このコインチェック株式会社です



2014年に運営を開始したビットコイン取引所サービスを行う会社であり

現在までに
10種類の仮想通貨を取り扱っており、購入・売却、送金・入金、信用取引、貸出などが行えます



よく聞いたことある仮想通貨では
ビットコインやイーサリアムなども取り扱っています


その他

ビットコイン(Bitcoin)
イーサリアム(Ethereum)
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
Lisk(リスク)
Factom(ファクトム)
Monero(モネロ)
Augur(オーガー)
XRP(Ripple)
Zcash(ジーキャッシュ)
NEM_(暗合通貨)(XEM)(ネム)
Litecoin(ライトコイン)
Dash (暗号通貨)(ダッシュ)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

引用先:コインチェック株式会社




超ざっくりいうと


コインチェック株式会社=銀行
仮想通貨=外貨


のような感覚ですね


コインチェックが行なっている取引では

・仮想通貨の購入・売却
・仮想通貨の送金・入金
・仮想通貨の取引
・ビットコイン寄付
・ビットコイン決済
・コインチェックでんき(ビットコインで電気代が払える)
・貸仮想通貨サービス



そして今回問題が起きたのは
仮想通貨の一種である
NEM(XEM)の不正送金



このNEM580億円分が流出して、
このコインチェック株式会社からなくなった


と考えてもいいでしょう


流出したNEMは全て顧客の資産で、

今後はNEMの財団や国内外の取引所に対し売買停止を要請、追跡していくとしています。



コインチェックを信用していて
被害を受けた人は相当ショックを受けたはず。。。



今後の対応としては

優先順位
第一 顧客資産保護
第二 原因調査
第三 今後の対応方針



というのを発表しています


・和田晃一良社長のwiki風プロフィール



名前:和田晃一良(わだこういちろう)

生年月日:1990年11月1日

年齢:26歳(2018年1月現在)

出身:埼玉県入間市

学歴:東京工業大学理学部中退

職業:経営者、プログラマー

会社HP

ツイッター



これまでの経歴をチェックすると


2009年東京工業大学 理学部入学しており


大学3年次にレジュプレス株式会社
現在のコインチェック株式会社)を創業しています



また累計100万部「ビリギャル」を産んだSTORYS.JP




coincheckの全開発(アプリなど)を担当しています



学生起業をしているほどの才能ぶりを発揮している
和田社長





小学生からプログラミングを学んでおり、

大学生時代にクックパッド主催ハッカソンなどで優勝




また他にも
就活対策AndroidアプリSPITrainigも開発しており


累計10万ダウンロードを記録しています



現在では、コインチェック株式会社の社長を務めながら
日本ブロックチェーン協会(JBA)監事も務めています


スポンサーリンク


・彼女や嫁はいるのか??



今回、事件は起こしたものの
ビジュアルだけで判断すると


結構イケメンの社長さんですよね


とりあえず、熱愛彼女情報について調査して見ました


すると、本人のツイッターからこんなツイートが






どうやら2013年は彼女がいたそうです


ただ、4年以上前のことなので
現在はいるのか微妙ですね。。。



つまり、コインチェックの旧会社を立ち上げた直後のツイートですね


もし、そのまま付き合っていたら
この人が奥さんの可能性もありますよね


ただ、断定できる情報が見つかりませんでしたので
おそらく嫁さんはまだいないのかなと思います


・まとめ




それでは今回の記事をまとめていくと

・コインチェックの不正送金は580億円前後
・社長は学生起業
・嫁はおそらくいない。。。




今後の情報については入り次第追記していきたいと思います


それでは最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です