アパッチ(ヘリ)の値段(価格)は?墜落した原因や場所はどこ?

※2月6日追記
2月7日追記


どうもこんにちは!!


佐賀県神埼市千代田町嘉納の民家に
陸上自衛隊のヘリコプターが墜落し、炎上したというニュースが入ってきました



調べてみると、
このヘリコプターは
アパッチ・ロングボウという
日本に10台しかないという貴重なヘリです



ということで今回は

・アパッチの性能と値段は?
・今回墜落した原因と場所はどこ?



などなど、調査結果をまとめていきたいと思います

スポンサーリンク


・アパッチってどんなヘリ?値段はいくら?







今回墜落したヘリの名前は
AH-64D アパッチ・ロングボウ(AH-64D Apache Longbow)


マクドネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発したアパッチに
ロングボウ火器管制レーダーを搭載し、大幅な能力向上を目的としてヘリです




アメリカ陸軍の他、
日本の陸上自衛隊などでも採用されている貴重なヘリです。


このアパッチ(Apache)の名前は
アメリカ先住民のアパッチ族に由来しています




※アパッチ族イメージ図




アパッチの特徴について少し紹介すると


旧来の火器管制システムでは、
砲手(大砲などを発射する人)が視認した対象に光学レーザーを照射することで狙い撃ちしていました




旧型の課題として挙げられているのが


対象の視認性が低かったり、
複数の対象に連続的に攻撃を行ったりする時に
システムの不具合が生じる可能性が高かったです。



また、目標に向けて大砲を発射するために
ヘリの機動性を犠牲にするという最大の弱点があったのです




そこで、ロングボウ火器管制レーダーが搭載された
アパッチロングボウでは


あらかじめ広域をレーダーによって目標を探し、


同じ空を飛んでいるヘリや作戦司令部との情報を共有することが
可能になりました



また、天候の影響も受けにくい性能になっているため

ヘリがもつ高い機動性に加えて
高火力の対地攻撃が可能になった



それがアパッチロングボウです!!



まぁ難しい話になってしまいましたが


一言でまとめると


ヘリ界では最強
と思ってもらえればいいです!!



そんな、最強ヘリは日本に10機しかないと言われています。。。



その1機が墜落したのですから
結構やばいです



それほどやばいヘリの値段について調べてみたのですが



1機あたり67億円




小型ヘリの相場は
約2000〜5000万円



そう考えると
かなり高いですよね




また、参考までに


2016年の日本の軍事費
(正しくは防衛費)


約5兆円
(日本のGDPの約1%)




防衛費の用途を調べてみると


陸上自衛隊

・オスプレイ輸送機 4機
・機動戦闘車 36両
・輸送防護車 4両
・与那国島の沿岸監視隊の施設整備



海上自衛隊
・イージス艦 1隻
・そうりゅう型潜水艦 1隻
・SH60K哨戒ヘリ 17機



航空自衛隊
・F-35A戦闘機 6機
・E-2D早期警戒機 1機
・KC-46A空中給油機 1機(部品取得)
・無人偵察機グローバルホーク 3機(部品取得)





数年前までは
このアパッチのプラモデルやラジコンを持っている人もいましたね





なんか持っているだけでかっこいいですね!!



ラジコンは今売っていないのですかね??

調べてみても見つかりませんでした


スポンサーリンク


・墜落した場所や原因は??



今回佐賀神埼市千代田に墜落した模様



具体的にどこに落ちたか調べてみると


千代田中部小学校の近くということが判明しました






地元の新聞紙もこのように報道しています





そして墜落した原因は未だ究明中です



米軍ヘリの不時着が相次いでいた中で
自衛隊のヘリが墜落したのはちょっと不安ですよね・・・



アパッチに乗っていた一人は亡くなって、
一人は安否確認中らしいです。。。。




墜落した民家にいた女の子は軽い怪我と

周りへの影響は現時点では無いようです




原因がわかり次第追記していきます

※2月6日追記



原因は未だ不明ですが
現時点でわかっている情報をまとめると


・午後4時43分頃墜落した
・点検整備後の点検飛行中だった
・機首から落下した




また、専門家(大学教授)の意見では
人的要因(操縦ミスなど)である可能性が低い
とのこと


そして、
墜落前に機体から何か部品の一部が先に落ちていることが発覚

この部品がかなり重要である可能性も高いですよね



ただ、重要な部品であれば、それが原因とすぐわかるので
なんとも言えないですが・・・

(追記はここまで)


※2月7日追記


主回転翼4枚の付け根にある
「メイン・ローター・ヘッド」が、
事故機と共に墜落現場で発見されたのがわかりました


主回転翼の一部は
今回の飛行ルート付近の水路で見つかっており

事故機のヘッドと主回転翼の結合部分が

飛行中に破断し、主回転翼だけが落下した可能性があるとされています

(追記はここまで)

・まとめ



それでは今回の記事についてまとめていくと

・墜落したヘリはアパッチロングボウ
・ヘリ界では最強で、日本に10機しかない
・墜落した原因は未だ不明




情報が入り次第、どんどん更新していきたいと思います



それでは最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です