『ちょっと今から仕事やめてくる』の原作を読んだ感想

5月27日から放映される

『ちょっと仕事をやめてくる』




働く人ならみんな共感した

感動の小説と評判だったので


早速購入してみました。


作者の北川恵海さんについても
取り上げていますので
そちらもご覧ください

北川恵海の年齢、経歴などを紹介!!興行収入も予測してみた
(新しいタブが開くようになっています)


それではネタバレにならない程度のあらすじと
読んでみての感想を書いてみます

スポンサーリンク


・簡単なあらすじ



登場人物は

ブラック企業で働く
青山隆


友人のヤマモト



時は
9月24日


仕事を終え帰宅する主人公の青山隆が



疲れ果て、意識が朦朧としている状態でした


帰りの電車の線路へ無意識に飛び込もうとしていた青山を


側から見ていたヤマモトが青山の腕を掴み助けました




そこから話が展開されていきます




それを機に仲良くなった二人は


仕事帰りにお酒を飲んだり、


休日には買い物に行く仲にまでなりました。




お互いの仕事相談をしながら、



後半は主人公の青山が仕事の悩みについて
話が展開されています





最終的に題名通り

青山は仕事やめます





あらすじはこんな感じですけど


「え?普通の小説じゃない??」



と思う方もいるかもしれませんが



もちろん、


「普通」じゃないから

働く人が感動したのです



あらすじでありながらも


重要なポイントは隠していきました。笑



それでは読んでみての感想を書いて見たいと思います。

スポンサーリンク

・読んだ感想



結論からいうと


働く人以外でも感動できる小説



そして、少しネタバレになるかもしれませんが


ヤマモトにいろいろ裏切られました笑



起承転結が小説の基本であれば



この小説はこの概念を覆し


起承転転転結



と言っていいくらい

話の展開が面白いです。




小説で出てくる歌を紹介します


『一週間の歌』

月曜日の朝は、死にたくなる

火曜日の朝は、何も考えたくない

水曜日の朝は、一番しんどい

木曜日の朝は、少し楽になる

金曜日の朝は、少し嬉しい

土曜日の朝は、一番幸せ

日曜日の朝は、少し幸せ。

でも明日を思うと一転、憂鬱になる





共感できますよね??



なかでも面白い表現が

「サザエさんシンドローム」



これはサザエさんの
エンディングの歌を聞くと、


日曜日が終わり、明日からまた一週間が始まる


つまり憂鬱になるという表現です



これって働く人ももちろんそうですが


小学生もこのように思っていたのは私だけでしょうか?笑




原作を見たら映画も見てみましょう


映画からみたら、是非とも原作も見てください


本当に感動する物語となっていますから





それでは最後までご覧いただきありがとうございました



芸人又吉さんの
『劇場』もおすすめの小説です
ピース又吉の『劇場』を読んだ「小説初心者」の感想

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 50代リタイヤオヤジです
    昨日 映画見させてはいただきました、教えてください
    1 ヤマモトジュン 命日「8月6日私の誕生日」はどこから、
    2 隆が辞めてくるシーン東京中央区日本橋 ここ辞めた会社のすぐ近く
    3 亡くなったヤマモトジュン フード関係販売会社 これも私が辞めた会社と同業

    親近感に感極まりました。  モデルがもしあれば教えてください

    • 中村様、
      コメントありがとうございます。
      私も先日、映画を拝見しましたが、ヤマモトのモデルになった方は存じ上げません。
      小説の方はご覧になりましたでしょうか?
      映画と若干違った内容になっており、いずれにせよ感動できる作品ですよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です