斎藤慧は韓国の罠にはめられた?盛られた可能性を調査!!

どうもこんにちは!!


平昌オリンピックでメダルラッシュがあった先日、
あるニュースが飛び込んできました


スピードスケートショートトラックの代表選手
斎藤彗選手の薬物陽性反応・・・



冬季の選手としては初めて薬の疑いがかかった人で
本人のコメントによれば、薬摂取は全否定しております



ということで今回は

・斎藤彗のプロフィール
・検出された薬物について
・陽性反応は韓国の罠?



などなど、調査結果をまとめていきたいと思います

スポンサーリンク


・斎藤選手のプロフィール


名前:斎藤彗(さいとうけい)

生年月日:1996年2月20日

年齢:22歳(2018年2月現在)

出身:神奈川県

大学:神奈川大学人間科学部4年

身長:161cm

体重:55キロ




今回、斎藤選手は
スピードスケートショートトラックの日本代表に選出されており

4人が出場するショートトラックの補欠メンバーとして
平昌にきておりました



しかし、先日行われた薬物検査では
陽性反応



斎藤選手本人は無実を訴えていますが


大会期間中に訴えても、
他の代表選手の方々に迷惑がかかると思い


自主的に選手村を離れていきました



今回、もしこれが違反であれば
冬季五輪の日本選手で初めてのことになります


・検出された薬物とは??



今回検出された薬物は
アセタゾラミド



元々は
緑内障、てんかん、肺気腫などに効果がある薬なんですが



利尿作用があるため、
筋肉増強剤の使用を隠す場合などに使われることがあり、
禁止薬物に指定されている。




斎藤選手はコメントの中でこのように述べています


今回検出されたアセタゾールアミドは、利尿剤で、
本来は、高山病の予防、そのほか緑内障、てんかん、メニエール病、睡眠時無呼吸症候群などの治療薬だそうですが、
筋肉増強剤を隠ぺいする目的、
体重を落とす目的などで使う人がいるため、
禁止薬物にされていると聞きました。



私は、筋肉増強剤を使用したことがありませんので、
それを隠そうなどとは考えませんし、
利尿剤を使用して体重を落とそうと考えたこともありません。
この薬を使用するメリットも動機も私にはありません

引用元:毎日新聞




確かに、薬物を利用するメリットは
選手にはありませんし



失礼ながら斎藤選手は補欠メンバーとして
今回選出されていますので


なおさら、薬物に関与するメリットがありません



また、他にもこのようにコメントしております

ドーピングを行おうと考えたことはこれまでに一度もありません。
アンチドーピングの講習会や連盟主催合宿での指導などを通じて、
アスリートとしてドーピングは絶対にしてはいけないと理解していました。

また、
無意識に摂取することがないよう、
ケガをした時や体調を崩した時に病院で処方される薬については、
事前に専門家に相談していましたし、
日常の食事や飲み物にも気を付けていました。


引用元:毎日新聞




日頃から、
「何が何でも薬物を体内に取り入れてはいけない」
と伺えるコメントです



真面目な性格で薬物に気を使っている姿が見える
斎藤選手は本当に薬物を取り入れたのでしょうか??


スポンサーリンク


・韓国の罠にはめられた?盛られた可能性は??



一部の声には
「韓国の仕業ではないのか??」


という声も上がっています



斎藤選手はコメントで

1/29に合宿中に受けた検査では
どのような禁止薬物も検出されず陰性であったため、
いかなる禁止薬物も体内になく、
以上のことから、
自らの意志で何かの薬物を接種したという事実はありません。


今回の検査結果が出てしまったことについては、
偶発的に起きた出来事により
禁止薬物が無自覚のまま口に入ってしまったものだとしか考えられません


毎日新聞




時間を整理すると


1月29日の検査では陰性


そして平昌入りしたのが
2月4日


薬物検査は2月12日



考えられるのが
1月30日以降に薬物を取り入れたか


コメントを信じれば
2月4日以降に何者かに取り入れさせられたのか



ということです


ネットの声では






このように考えられるのは


単純にこの平昌オリンピックには
日韓の政治的問題が大きく関与していること
だからだと思います




このような意見の背中を押すためではないのですが


過去にはロシアが
ソチ冬季五輪などのドーピング検査で国ぐるみの不正を行っていた
と世界反ドーピング機関が認定していたり



ハンマー投げの室伏広治選手は

「海外では他者が禁止薬物を混入することがありうる」


などとコメントをしています


もし、この事実を受けるとしたら

今回の開催国である韓国からの罠ではないのか
盛られた可能性が高いのではないか



という考えができるわけですね



ただ、私の意見としては


斎藤選手が薬物を取り入れたことも信じたくないし
韓国側の罠とも考えたくない



おそらく
検査した側のミスだった
というオチが一番平和な気がします。。。



平和の象徴オリンピックですから
あまり悪い方向には捉えないでほしいですね



・まとめ



それでは今回の記事をまとめていくと

・斎藤選手が故意に薬物を取り入れた可能性は低い
・韓国側が薬物を混入させた根拠が見つからない
・検査ミスだったという考えの方が平和的である




とにかく、スポーツの祭典である以上、
クリーンに競技して欲しいものですわ



それでは最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です