渡辺主人(赤いサイロ清月社長)の経歴や年収は?五輪による売り上げは?

どうもこんにちは!!


平昌オリンピックの
カーリング女子がかなり盛り上がっていますね

そだねージャパンは今年の流行語になるのでは
ないでしょうか??



また、おやつタイムもかなり注目されています


中でも
北海道のお土産である
赤いサイロが注目を集め
連日売り切れらしいです



そこで私が個人的に気になったのが

・赤いサイロの社長ってどんな人?
・経歴や年収は?
・五輪の影響による売り上げはいくら??



などなど、調査してみたいと思います

スポンサーリンク


・赤いサイロ社長のプロフィール


名前:渡辺主人(わたなべもんど)

生年月日:不明

年齢:48歳?

出身:北海道北見市



芸能人ではないので
なかなか情報は少なかったですが、
調べた限りの情報をまとめてみたいと思います


・経歴



出身高校は
北見北斗高等学校


偏差値は62とエリート校と言えるでしょう!!



卒業生には

クハラカズユキ(ミュージシャン)
沢田亜矢子(俳優)
渡辺健太(アナウンサー)



などなど


進学実績も
北海道内の国公私立大を始め


旧帝大+一工
早慶上智ICU
GMARCH



などなど
有名大学合格者を多数輩出していますね





渡辺社長は1988年に卒業していますから

現在の年齢はおそらく
47歳なのかなと予想しています



渡辺社長の出身大学は

日本大学経済学部経済学科国際コース


地元の北見を離れて
日大に進学したんですね!!



1993年に卒業していますので

もしかしたら

一浪、留年、留学などなどしているのかもしれません




大学卒業後には

京都市に本社を構える
株式会社第一紙行で働いていたことがわかりました



東京支店もありますので
そこに勤務されていたのかなと思います



そして1996年の3月に退社


1996年の5月から
赤いサイロを販売している清月で働くことになりました




なぜ転職したのかわかりませんが


おそらく地元北見に貢献したいという思いが強かったのかなと思います




平昌オリンピックで一躍有名になった
赤いサイロですが


以前、とある人気番組に取り上げられていました




それは

シルシルミシルの番組で取り上げられ
北海道の有名なお土産になっていたんです!!




その時の様子がこちら

赤いサイロ


それで今回オリンピックのおかげで
赤いサイロは再び注目されることになりました


社長のコメントも
出しては売れ、出しては売れ、で。
(この日夜の)スイス戦も見たいが、
受注の整理などで見られないかも



本当に嬉しい悲鳴のようですね!!


スポンサーリンク

・渡辺社長の年収や今回の売り上げは?



やはり、社長さんとなると
年収などお金の部分が気になるところ



清月には

赤いサイロだけではなく


バウムラスク
薄荷羊羹


などなど、有名なお土産品もあります



また取り扱っているお店は


女満別空港内:BLUE SKY
新千歳空港内:さっぽろ東急百貨店
新千歳空港内:カムイン北海道
新千歳空港内:きたキッチン
新千歳空港内:BLUE SKY
JR北見駅:コンビニキヨスク北見店
丸井今井札幌本店地階:きたキッチン
JR札幌駅北口:北海道どさんこプラザ
東京有楽町:北海道どさんこプラザ




北見市だけでなく、札幌や東京有楽町にも進出



そうすると
売り上げは恐らく数億円前後


渡辺社長の年収も億?なのかなと思います




そして五輪特需の影響で
売り上げは普段の倍以上



発送まで1週間以上かかるほか
発送料も普段より高くなっているんだとか・・・



かなり話題になっていますから

ここ最近で10万個以上は普通に売れたんじゃないでしょうか??



五輪特需おそるべしです





赤いサイロが楽天からなくなっているという・・・


代わりにバームラスクの商品でもチェックしてみては??







・まとめ



それでは今回の記事をまとめていくと

・赤いサイロの社長の名前は渡辺主人
・大学卒業後、他の会社を務め3年後に清月に転職
・年収は恐らく◯億円!?





結構数字のところに関しては曖昧になっていますので
参考程度までに



カンブリア宮殿などからもオファーがありそうですね!!



それでは最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です