生井惇己(慶應義塾)の中学はどこ?球速や球種にドラフト評価は?

どうもこんにちは!!


2018年は
第90回高校野球センバツ大会(春の甲子園)
第100回高校野球選手権大会(夏の甲子園)


とメモリアルな1年です



もちろん、私は高校野球が好きなので
色々な選手を追っては調べての繰り返しを
趣味で行っています



ということで今回は2018年注目の高校球児の一人
慶應義塾の生井惇己選手
を紹介したいと思います


・生井選手のプロフィール
・出身中学はどこ?
・球速や球種にドラフト評価は?



などなど、調査結果をまとめていきたいと思います

スポンサーリンク


・生井選手のプロフィール


名前:生井惇己(なまいじゅんき)

学年:3年生

出身:茨城県下妻市

身長:175cm

体重:68キロ

左投げ左打ち

ポジション:投手

ツイッター(鍵付き)



さて、これまでの経歴を紹介すると

小学校1年の時に野球を始め、

中学校に進学すると
常総シニアに所属



つまり
中学校から硬式野球をやっていたことになりますね



そして、中学校の実績を調べてみると
中学校3年の時に全国大会出場していることがわかりました


さすがですね!!


全国大会出場したことによって
多くの高校から目をつけられたかと思います



そして、進学先は神奈川の慶應義塾高校


こうなってくると
生井選手の偏差値も気になるところですね


とりあえず、そこは置いといて


高校入学して1年の秋からベンチ入りをしています



2年の秋にはエースナンバーを背負って
チームを引っ張り

神奈川県大会準優勝
関東大会ベスト4



今回の春の甲子園出場を決めました

・出身中学はどこ?


生井選手の出身中学も調べて見ました


そしたら小学校も判明!!


小学校は
下妻市立宗道(そうどう)小学校




そして中学校は
下妻市立千代川中学校




一応注意してほしいのが

生井選手は中学の野球部に所属していたわけではなく

クラブチームである常総シニアで硬式野球をやっていたことです



常総シニアでプレイしていたのなら
近くの常総学院とかにも声かけれられててもおかしくないですね



慶応に行った理由がますます気になってきました笑

スポンサーリンク

・球速や球種にドラフト評価は?



それでは一番気になるであろう
生井選手の実力についてまとめていきたいと思います



ストレートの球速はMAX145キロ


球種は
ストレート
スライダー
チェンジアップ
カーブ


があることが判明!!



そして投球動画を発見したのでご覧ください



こうやってみると
体は結構小さいですよね



それでもボールのキレがものすごくいいですね



スリークォーター気味のフォームではありますが



ストレートの球質が良く
ノビを感じますね



また、ストレートの質がいいおかげで

変化球(特にチェンジアップ)がかなり有効的に使えています



ストレートとチェンジアップの腕の振りがほとんど同じなので
バッターもヒット打つのに一苦労でしょうね




残念ながらスカウト陣からのコメントは見つかりませんでしたが
代わりにネットの声を拾って見ました




注目選手として取り上げられています




先ほどと別動画にはなりますが
先ほど挙げた特徴がわかる動画だと思いますね



いや、本当に惚れ惚れする球です


・まとめ


それでは生井選手についてまとめていくと

・中学の時には全国大会出場
・細身ながら球の質は一級品
・もしかしたら偏差値も高い




また大会成績等の新たな情報が入り次第追記していきますね!!


それでは最後までご覧いただきありがとうございました



600万人がダウンロードした
どハマり注意の野球アプリとは!?
ぼくらの甲子園!ポケット高校野球ゲームを見てみる

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です