斎藤礼二(東海大相模)中学で日本代表だった?死球による怪我は?

どうもこんにちは!!


2018年は
第90回高校野球センバツ大会(春の甲子園)
第100回高校野球選手権大会(夏の甲子園)


とメモリアルな1年です



もちろん、私は高校野球が好きなので
色々な選手を追っては調べての繰り返しを
趣味で行っています



ということで今回は2018年注目の高校球児の一人
東海大相模の斎藤礼二選手
を紹介したいと思います


・斎藤選手のプロフィール
・中学の時は日本代表だった?
・死球による怪我の影響は?



などなど、プレースタイルと併せてご覧ください

スポンサーリンク


・斎藤選手のプロフィール


名前:斎藤礼二(さいとうれいじ)

学年:3年生

出身:東京都府中市

身長:173cm

体重:64キロ

右投げ左打ち

ポジション:投手



さて、これまでの経歴を紹介すると

小学生の時に野球を始めて、

中学の時には
国立中央シニアに所属


シニアですから硬式野球を中学校から経験していることになりますね



中学の実績を調べてみると



なんと


中学3年の時に
シニア日本代表に選ばれ
世界大会優勝しちゃっていました




これだけの大きな実績があれば

どこの高校からも引っ張りだこだったのかと思います


そして、気になる高校進学先に選んだのが

2011年の春、2015年の夏の甲子園優勝した
神奈川の東海大相模高校



全国屈指の強豪校ですが
1年の夏からすでにベンチ入り



そして1年の秋大会から
マウンドを経験していますし



今回の秋の大会では

神奈川県大会優勝
関東大会ベスト4




今回のセンバツ出場を決めています!!


・死球(デッドボール)による怪我の影響は??


1年からベンチ入りできているエリートの斎藤選手は
決して順風満帆ではなかったようです



秋の神奈川大会決勝で

右手甲に死球を受けて骨折

この影響でしばらくボールが投げられずに
フォームを若干崩した模様でした




投球練習が再開できたのも年明けのこと


しかし斎藤選手のすごいところは
その間、一番きつい下半身トレーニングを
黙々とやっていたそうです





以前のフォームが戻れば
これまた楽しみな存在になりそうです


スポンサーリンク

・斎藤礼二のプレースタイル


さて、斎藤選手がどういう選手なのか
私なりに分析して見ました



ストレートの球速はMAX142キロ


球種は
ストレート
ツーシーム
スライダー
カーブ
フォーク



などなど、変化球も多彩でかなり打ちにくそうですね



投球動画を見つけたのでご覧ください



あくまで怪我をする前の投球動画ですので
この点考慮してくださいね



すごいいいボール投げますね!!


球速の割には
球が速く感じるのですが気のせいですか??笑



多くの好投手を見てきた東海大相模の門馬監督も
この斎藤選手を期待している模様です



ボールの質はいいですが

若干コントロールが定まってない感じがしますね



キャッチャーの構えたところに投げれていないのが残念です



でも先ほど書いたように
秋大会時点での投球ですし



現在は下半身の強化も行なっていたので
安定したボールを投げられるかと思います



また、下半身が強ければ強いほど
ボールの勢いも増しますから


球速もセンバツの時には
MAXを更新しそうですね!!



ネットの声を拾ってくると











私の見てきた感覚ですけど


関東ナンバーワン投手ではないのかなと思います



それくらい期待しています!!



ちなみにですが

高校野球に関する詳しい情報を知りたい方は
この雑誌を参考にするといいですよ!!





興味がある方はチェックして見てください

結構おすすめです!!


・まとめ



それでは今回の記事をまとめていくと

・中学時代は日本代表で世界制覇を経験
・死球の影響もあって投球練習ができなかったが今は復活
・関東ナンバーワン投手の呼び声高い!!



また大会成績等、新たな情報が入り次第追記していきますね!!


それでは最後までご覧いただきありがとうございました


600万人がダウンロードした
どハマり注意の野球アプリとは!?
ぼくらの甲子園!ポケット高校野球ゲームを見てみる

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です