井上広輝(日大三)の出身中学やシニアはどこ?兄は日本代表だった!

どうもこんにちは!!


2018年は
第90回高校野球センバツ大会(春の甲子園)
第100回高校野球選手権大会(夏の甲子園)


とメモリアルな1年です



もちろん、私は高校野球が好きなので
色々な選手を追っては調べての繰り返しを
趣味で行っています



ということで今回は2018年注目の高校球児の一人
日大三の井上広輝選手
を紹介したいと思います

・井上選手のプロフィール
・出身中学やシニアはどこ?
・兄は日本代表選手だった?



などなど、プレースタイルも含めて
調査結果をまとめていきたいと思います

スポンサーリンク


・大橋選手のプロフィール


名前:井上広輝(いのうえ ひろき)

学年:2年生

出身:神奈川県厚木市

身長:180cm

体重:73キロ

右投げ右打ち

ポジション:投手



・これまでの経歴!!出身中学やシニアはどこ?



これまでの経歴を紹介しますと

小学校1年生の時に
野球ではなくソフトボールを始めました



意外と小学生の時にソフトボールから始めたという
高校球児は多いです!!



そして
野球を始めたのは中学校からでした



中学校に進学した井上選手は
中学校の野球部に所属せず



海老名南シニアに所属


その時に投手を始めたそうです


今回この海老名南シニアから
井上選手だけでなく

同じ日大三のチームメイトである
・大塚晃平選手
・齋藤龍二選手


も所属していました




ちなみに出身中学校は
厚木市立南毛利中学校






中学校の実績を調べてみると

全国大会に出場したという記録
日本代表に選出された


などの実績は無いようです


いわゆる
エリート高校球児という訳ではなさそうです



高校は東京町田にある日大三に進学



神奈川から近いということもあり
日大三のメンバーの中にも
神奈川出身の選手は少なく無いです



井上選手は
進学してから1年の夏ですでにベンチ入り



新チームになってからは
背番号11を背負って

秋大会では
東京大会優勝



今回のセンバツ出場を決めています



秋大会の井上選手の成績は


全6試合、23イニングと1/3を投げ

奪三振22
四死球5
自責点8
防御率3.09





投手としてはまずまずの結果でありながら
四死球の数が少なく試合を作れる投手なのかなと
個人的に思います


スポンサーリンク


・兄は日本代表だった!?



井上選手の兄について調べていると


どうやら兄がいることが判明!!



調べてみると


兄は井上大成ということが判明!!


あ!!!


https://www.townnews.co.jp/0404/2017/03/17/374784.html



存じ上げておりますよ!!


出場した2017年のセンバツでは
1番サードで出場していましたね


惜しくも履正社にやぶれてしまいましたが




その後、夏の甲子園が終わって行われる

U-18日本代表にも井上大成選手は選出されていました





メキシコ戦では弾丸ライナーでホームランも放っています



そんな井上大成選手は現在

青山学院大の野球部に所属していますね


兄の大成選手が3年生の夏に
弟の広輝選手が1年生ですから


甲子園のグラウンドに一緒にプレイすることは叶いませんでしたが


兄弟揃って甲子園に出場したことって
本当にすごいですね



・まとめ



それでは今回の記事をまとめていくと

・小学生の時はソフトボール、中学校から野球を始めた
・海老名南シニア出身で、中学は南毛利中学校
・2個上の兄井上大成選手は日本代表で現在青山学院大



井上選手のプレースタイルなど詳しく書いた記事は以下になります
是非是非チェックして見てください
井上広輝(日大三)の球速や球種は?進路はプロではなく大学!?


また、大会等の情報が入り次第追記していきますね



それでは最後までご覧いただきありがとうございました


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です