Facebookの情報流出が日本でも!?原因(理由)や対処方法は?

どうもこんにちは!!


衝撃のニュースが入ってきました




SNS最大手のフェイスブック(Facebook)が
イギリスのコンサルティング企業
ケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analytica)によって情報を不正取得された利用者は
最大で8700万人に上ると明らかにしました




そして、4月5日には
日本での情報流出者は約10万人と予想しています



私の知り合いでもFacebookを使っている人がいるので
めちゃくちゃ心配です。。。



・なぜ日本でも情報が流出したのか?
・対処方法はあるのか?


をまとめてみたいと思います!!

スポンサーリンク


・情報流出の理由は!?



SNSの中でもFacebookは
利用者本人のリアルな情報があるため

Facebookの情報漏えいは利用度がものすごく高いと言われています


例えば
・住居
・地域
・年齢
・関心
・知人
・ネットワークの広さ

などなど、情報を知ることができます




ただ、Facebookをしていない人にとっては

「いや、自ら情報を流出してるじゃん!!」



と思うかもしれません



そこで確認しておきたいのは

利用者は
Facebook側に情報を提供をして、利用者同士で繋がること
目的としています


Facebook側も
情報を預かる責任を持ちます



このようなやり取りがあるのです




では、なぜその情報が流出したのかというと


日本での場合、
広告アプリが原因ではないか?


と言われています


Facebookの広告ってどんなものかというと




個人や法人が投稿している記事とは別に
Facebookを利用して広告を行なっているものです





画像をご覧いただければわかりますが

「広告」という文字が掲載されているのがわかります



この広告記事から
Facebook利用者の情報が流出したと思われます




そしてその広告記事の中で
現在情報流出した原因と言われている広告が


診断テスト



私はまだみたことがないのですが

・あなたはどの戦国武将タイプ?
・あなたのリーダーシップ度は?
・相性のいいパートナーはどんな人!?




(上記は私が考えた診断テスト)


このような診断テストをFacebook広告から
誘導していって巧みに情報を記入させたとされています




このような診断テストから

・名前
・生年月日
・学歴
・身長




などといった情報を記入する機会があるかと思います



Facebookが出している広告だから
特に警戒心を持たずに記入した人の情報が
流出した可能性が高いです。。。

スポンサーリンク

・対処方法は!?



現在、Facebookがどのような対応をとるのか
発表されていませんが、


情報流出には本当に気をつけたいところ



そこで、情報を安易に流出されないような対処方法を紹介します



・Facebookのセキュリティを強化する



一つは自分のアカウントの設定を行うこと





この設定の部分にいって
特に情報流出が怖いなぁと思うところを厳しくチェックしてみてください



たくさんセキュリティ管理があるのですが


一つ例をあげると


設定→プライバシーに行きます






そうするとこんな画面が表示されます





ここから
・メールアドレスから検索されないようにする
・電話番号から検索されないようにする




などなど心配な部分はセキュリティを強くしてみてください



・広告にはアクセスしない




そもそも、
怪しい広告にはアクセスしない


これが一番の対処法だと思います



そして不本意に情報を提供しないことが大切だと思います



・まとめ




それでは今回の記事をまとめていくと


・情報流出の原因はFacebook広告
・対処方法はセキュリティ強化、情報を漏らさない




それでは最後までご覧いただきありがとうございました


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です