新型iPadの発売日と価格!スペックやデザインがiPhoneXと似てる!

どうもこんにちは!!


カフェにいると、必ずや誰かは
タブレットを持って本やらニュースやらゲームやら


という光景を見ない日はなくなりましたね


それくらいタブレットが与えた影響って大きいんだなぁと感じております





そして、タブレットの中でも
iPadの人気はとどまることを知りませんね




2018年新型のiPadの
日本の発売日や予約日価格について調査しました



どうやら、iPhoneXと似たような感じという噂が・・・

スポンサーリンク


・現在のiPadについて



まずは現時点でのiPadの値段やスペック等を確認して行きたいと思います


1.デザインと大きさ






カラーに関しては

・シルバー
・スペースグレー
・ゴールド
・ローズゴールド
(10.5インチiPad Proのみ)


この4種類が販売されています



大きさの種類に関しては

・12.9インチiPad Pro
・10.5インチiPad Pro
・iPad
・iPad mini 4




それぞれを表でまとめますと






これだけ見ても、
どれを買えばいいのか正直なところ迷いますよね笑




・容量と価格




大きさが違えば、容量にも種類がありますので
それについても触れて行きましょう



容量とは、データを保存できる大きさ(量)と考えてください


つまり、
容量が大きいものほど値段も高くなります



ということで容量と値段を表にまとめて見ました




ここでの価格は全て税抜き価格です


そしてWとW+Cの意味を説明すると

W=wifiモデル
W+C=wifiプラスセルラーモデル




この2つのモデルの意味とは

wifiモデルというのは

その名の通り
Wifiを用いてのみ電波が拾ってネットが使えるモデル


一方で


セルラーモデルというのは


携帯と同じように電波を拾ってネットが使えるモデル


要するにwifiがなくても、スマホと同じように
どこでもネットが使えますよ

ということ




もちろん、セルラーモデルをつけると
価格が高くなっていることがわかりますよね




あと、セルラーモデルだと
若干重くなることも・・・



家の固定wifiでiPadを使う方なら
wifiモデルでもいいかもしれませんね

スポンサーリンク

・新型iPadについて



さてさて、現在のiPadについて情報をまとめたところで
次期iPadについての情報をまとめて見たいと思います


・デザインと大きさ



現時点でわかっていることは

iPhoneXのデザインである
ノッチ(切り欠き)付きのである可能性が高い

ということ





ノッチとは
電話する際に耳にあたる部分が従来と違って
切り抜かれている部分のことを指します





新型iPadにもこのデザインが採用されるとのことです




大きさに関しては
従来と同じような大きなだと思われます


・日本での販売日と価格




日本での販売は現時点では確認されていませんが


現時点で推測されているのは

2018年の夏以降


だいたい9月頃だと思われます



価格に関しては従来と大幅な変更はないかと思われます



また情報が入り次第追記して行きます


・スペックや評判


スペックに関して現時点でわかること


ノッチを採用したことによって
顔認証機能「Face ID」が追加されるかも


他にも
・3Dセンサーカメラ「TrueDepth」が搭載
・ホームボタンが廃止
・全面ディスプレイ



ということが予想されます




その他スペックや評判に関しては
情報が入り次第追記して行きたいと思います

・まとめ



それでは現時点でわかっていることをまとめますと


デザインとスペックはiPhoneXに似たような形になる
ということです



大きさ、価格、従来とあまり変わらないかも
販売日は2018年夏以降




それでは最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です