飲む日焼け止めは安全なのか!?その仕組みをまとめてみた

最近話題沸騰中の

飲む日焼け止め


最近猛暑日が続き、紫外線を気にする方々が
多いかと思います。


飲む日焼け止めは一言で言うと

「薬」




カプセル一粒で日焼け止めの効果はあるそうだが、

やはり心配するのが

その安全性や副作用



今回はこの夏話題になるであろう、
飲む日焼け止めについてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク


・なぜ飲むだけで日焼け止め効果が生まれるのか!?



皮膚科の先生も薦めているこの飲む日焼け止め


その日焼け止めは

fern blockという主成分から成り立っています。


これは造語であり

fern=シダ、block=遮る、ブロックする

という意味です


シダ植物から抽出される成分の一つであり、


その成分が

紫外線を吸収し、肌を防御する効果を生んでいます。

(ざっくりと言いましたがハーバード大の研究チームが実証済みです)



しかしやはり気になるのが

「副作用」

ではないでしょうか!?



研究チームによると

25年間、アトピー性皮膚炎の患者等に使用したようですが
(結構リスキーな研究。。。笑)


副作用はなかったようです


がしかし



シダ植物はアレルギーを誘発しやすい植物の一つ


何かアレルギーをお持ちの方は
念のため皮膚科の先生と相談すべきだと思います。



まぁ暗い話にはなりましたが、
メリットももちろあります。



従来の日焼け止めは、


「塗り忘れ」


ということがもちろんありますし、


汗かいたときに、その日焼け止めの成分が
浮き出ることもたたありますよね?



この飲む日焼け止めだと、


体の内から日焼けを防止するので

こういった心配も必要ありません。


スポンサーリンク

・いつ飲めばいいのか!?



飲み方は一般的に

紫外線を浴びる30分前に飲む




そして長時間紫外線をあびる方は、


4時間に一回一錠飲むといいとされています。




だいたい効果は4時間〜6時間程度




念には念を、


もちろん日焼け止めを塗ってもいいかと思います。



販売しているところは、


クリニックや通販に売っています




(値段等チェックしてみてください)



薬剤ではあるので、購入する前に一度
専門家に相談した方がいいかと思います。



しっかり美を意識し、

楽しい夏をお過ごし下さい



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です