文化の日とは!?何をする日?わかりやすく説明してみた

11月3日は国民の祝日である

「文化の日」




祝日で学校も仕事も休みだぁ
と思っている方が多いと思いますが


文化の日が
何をする日なのか
なぜ制定されたのか



を知っている方は多くはないかと思います。



そこで文化の日についてまとめてみました

スポンサーリンク




・文化の日とは?その由来は?




「文化の日」は
1946年11月3日に日本国憲法が公布されたことを記念に
制定された国民の休日です




ちなみに1947年の5月3日にその日本国憲法が
施行され、その日は
「憲法記念日」ですよね




憲法の公布施行の違いは
学校の社会(公民)の時間に習うと思うので割愛させていただきます





日本国憲法は世界から平和憲法と言われたことから

公布から2年後の1948年に



「自由と平和を愛し、文化をすすめる」
そういった祝日として

『文化の日』が制定されました



ちなみに戦前は11月3日は明治天皇の誕生日だったことから
『明治節』という名の祝日でした


スポンサーリンク

・文化の日にするべきこととは!?

既述したように文化に日は多くの人が様々な文化に触れて欲しいということで

日本のあらゆるところで文化に関するイベントが多く行われます




文化功労賞をはじめ、文化に関するさまざまな授賞式もこの日に行われます


文化勲章の授賞式は毎年皇居で行われ
その年に芸術、学問等において輝かしい功績を残した人に


天皇陛下より直々に授与されます



さて、お子様にも嬉しい特典??というのは

博物館や美術館の入場料が無料になることが多い



普段は500円くらいしそうな博物館や美術館が
文化の日に限って、よく無料で開放、見学しているところが多いです



ちなみに、僕はその日に、全く文化の日と関係ない海外の
博物館に訪れました。(故宮博物館)


まぁもちろん無料ではありませんよ笑


ずばり!!文化に日には

「○○博物館、美術館に行こう」ってことですね


一部無料ということでもありますが、


訪れる前には一度

訪れる予定の博物館や美術館が
無料になっているかどうか確認したほうがいいですね




この文化の日をきっかけに

芸術や文化を理解し我が日本国を知るきっかけにしてもらればと
思います


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です