朝鮮半島南北統一の可能性と日本への影響は!?いつ決定する?

どうもこんにちは!!


最近、北朝鮮の動向に
かなり怯えていた私ですが



南北首脳会議(北朝鮮・韓国)で
朝鮮戦争終戦を今年中にする


といったニュースが飛び込んできました!!



なんとも平和的な解決!!



しかし
・本当に南北統一なんて可能なのだろうか?
・統一したら日本への影響は?



などなど、気になる部分が出てきたので
わかりやすくまとめていきたいと思います

スポンサーリンク


・これまでの経緯



そもそも、「南北統一」ってどういうこと?


というところから簡単に解説していきたいと思います




・朝鮮半島が正式に分断されるまで


第二次世界大戦終了後(1945年以降)

朝鮮半島北部はソ連軍政化の下で、
南部はアメリカ軍の下で
政治が行われていました





その後にアメリカ、イギリス、ロシアとの間で行われた会議で

「南北統一させ、統一政府を樹立させようじゃないか!!」


と話し合いがなされました




しかし、賛成派もいれば、反対派もいたので
南北で抗争が生じてしまいました。。。




そして、1948年の8月15日に
南朝鮮単独で総選挙をやった結果、韓国が誕生



北朝鮮も同じ年の9月に
独立して
朝鮮民主主義人民共和国が誕生しました



・朝鮮戦争勃発


中学の歴史の授業で習う朝鮮戦争


もう少し掘り下げて、かつわかりやすく解説していきます



南北が分断されたあと、

北朝鮮が朝鮮半島統一を目指して
朝鮮戦争を起こします




北朝鮮が
韓国の首都、ソウルを攻めまくって



当時の韓国政権を釜山に追い詰めるまでいきました




しかし、アメリカの助けもあって
再び首都を奪還します



(当時冷戦でもあったので
南は資本主義のアメリカ
北は社会主義のソ連

という構造があったことを思い出してください)




その後、朝鮮半島では
激しい戦いが繰り広げられ、



現在、南北の境界線である
北緯38度でお互い膠着状態に。。。




そして、当時、ソ連のスターリンが亡くなったため
休戦への動きが進みました



結果として
1953年7月27日に朝鮮戦争休戦協定をお互い署名しました

(韓国側は国連軍主席が署名)




そう、朝鮮戦争は休戦状態であり
決着はついていない状態で2018年まで経ってしまっていたのですね!!





時が経ち
2018年4月27日

こんな報道がありました


北朝鮮の指導者が史上初めて韓国側に入って開かれた南北首脳会談。
27日、2人の首脳は、
笑顔を見せながら軍事境界線上で固く握手を交わし、
親密ぶりを演出した。





アメリカ大統領のトランプ氏も





ミサイル発射や核実験が行われた猛烈な年の後に、
北(北朝鮮)と南(韓国)の間で歴史的な会議が行われている
良いことが起こっているとおもうが、それは時間が教えてくれるだろう





トランプ氏も言及しているように
歴史的な1日であるとも言える会議が行われていたようですね



しかし、それが良いことなのかは確かにわかりません


その部分を
「南北統一の可能性」ということも含めて私なりの見解を述べていきたいと思います


・南北統一する可能性


あくまで、会議では
今年中に南北統一を目指しましょう!!



と決まったわけですが

その実現可能性に関しては如何なものか



南北統一するまでに直面するであろう問題を考えてみました


・各民族意識の問題



やはり、朝鮮戦争から今日まで2国間の対立は激しかったものです


つい先日まで、北朝鮮はミサイル発射や核実験等を行っていたので
統一することに違和感しか持たない国民がまだまだ多いように思えます



ただ、平昌五輪では、南北合同チームが出場したように
市民レベルでは実は仲が良いのかもしれませんね!!


・政治の問題



政治の問題というのは、特に
・どこの憲法を採用するか
・誰が国のトップを務めるか



というものです


いくら隣国であり、言葉が一緒だからって
じゃあ明日から

統一しましょう!!


と簡単に決まる訳ではありませんよね



お互い妥協しながら進めていくとは思いますが
市民も絡んで、ここだけは絶対譲れない部分が
必ず出てくると思います



・お金の問題


二つの国を統一させるために
かかる費用というのは
私たちが想像できないくらい莫大な額になるそうです


一説によると
国を統一させるためにかかる費用は1年で
最低250兆円

参考:ロイター通信



この額を南北で負担しても相当な額になることは間違いありません。。。




やはり、何事にもお金がかかってくることは確かです



南北統一後のマニフェスト?みたいなものがよかったら
各国からの支援があるのかもしれませんね






こういった問題も抱えながら
慎重に南北統一を目指すことに両国は決めたようですが



どのような経緯で決定したのかは
明らかになっておりません



おそらく、南北統一は
今年中には厳しいのかなぁと個人的に思います


早くて2〜3年後といったところかもしれませんね

スポンサーリンク

・南北統一での日本への影響は?



トランプ氏も述べていたように
「良いことが起こっているとおもうが、それは時間が教えてくれるだろう」



というのは悪い方向に転がる可能性もありそうです



南北統一によって考えられる日本への影響を考えてみましょう



やはり一番大きいのは軍事体制なのかもしれませんね



こればかりは本当にどちらに転ぶかわかりません



北朝鮮主導の軍事体制になった時には
日本だけでなく、世界を揺るがす大きな出来事にもなりかねません



現在は停止していますが
・ミサイル発射が多くなる
・核実験が進められる



となると日本の軍事体制も大きく対応しなければならないかと思います





あとは、中国がどのような姿勢でいくのかによっても変わりますね



中国が朝鮮半島を支援する側に回れば


日本はこの3カ国の”犬”になる可能性だってあります




もちろん、日本は戦争を推進しない国ですが
隣国が巨大な勢力をつけてきたら
黙っている訳にも行きませんからね




まぁ簡単にまとめると


軍事費が今よりもグーーーーんと高くなりそう
ということです



・まとめ



それでは今回の記事をまとめると

・休戦状態だった朝鮮半島は終戦を迎えることに進んでいる
・終戦を進めて行き、南北統一を目指す
・南北統一するための問題は山積みで実現可能性は低い
・日本への影響は軍事費が高くなる可能性が高い






以上は完全に私の見解ですので
参考までにご覧いただければ幸いです




それでは最後までご覧いただきありがとうございました

参考:金与正(キムヨジョン)のかわいい画像まとめ!目のアザの原因は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です