【沢田研二(ジュリー)公演中止】チケットや交通費に旅費の払い戻しは?

歌手の沢田研二が
10月17日行われる予定だった
さいたまスーパーアリーナ公演を急遽中止

いきなりのできごとにファンも戸惑いを隠せないはず・・・

今回の記事では
公演中止の理由をはじめ
チケットの払い戻しや交通費、旅費に関する訴訟可能性について
まとめて見たいと思います

スポンサーリンク


・さいたまスーパーアリーナでの公演中止理由


今回の報道をまとめて見ますと

まず、沢田研二公式HPより


「10月17日のさいたまスーパーアリーナ公演は
契約上の問題が発生したため、
急きょ中止させていただくこととなりました」

と説明しております

しかしこのあと18日に控えている
大阪・狭山市文化会館での公演は
予定通り開催されると説明していました

このことが問題となり、
後から明らかになった本当の理由が

「客席が埋まらなかった」
と説明しています

その時の様子について

「さいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった。
ファンに申し訳なく思ってます。
責任は僕にあります。
これから取り戻せるようにできるだけしていきたい」
と頭を下げて謝罪した。

同ライブは17日午後5時開演予定だったが、
同4時頃に急きょ中止がアナウンスされ、
会場入り口に貼られた紙には手書きで
「契約上の問題が発生した為」
と理由が記された。


すでに観客が集まっており、会場周辺は大混乱となった。

 沢田は中止の理由について
「動員に関する契約上の問題だった」と説明。

同会場は客席が可動式で、
規模によって約1万人から最大で3万7000人まで収容可能。
開演前に所属事務所、
イベンター会社から集客状況について
「9000人と聞いていたが、実際は7000人だった」
と知らされた。

本番前のリハーサル時、
観客が座れないように
客席がつぶされているブロックが目立ったことに腹を立てた。

 
沢田は「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。
『ライブをやるならいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ』
といつも言ってる。僕にも意地がある」と自身が中止を決断したことを明かした。

開場時間の午後3時半まで事務所、イ
ベンター会社から予定通り開催するように懇願され、
押し問答となったが、最後まで首をたてに振らなかった。

「今回はできませんと1分でも早くお客さんに伝えてほしかった。
僕が帰らないと収まらないならと、3時45分くらいに帰った」と説明した。

引用:Yahooニュース


集まった観客にとっては
これ以上の迷惑なことはないでしょうね・・・

世間の声を見て見ると






世間は大変な騒ぎとなっていますね

スポンサーリンク

・チケットの払い戻し方法について


今回の公演中止に伴うチケットの払い戻しについては
沢田研二の公式HPから案内があるかと思います

わかり次第追記していきたいと思います。

・旅費、交通費等は請求できるのか?


公演が中止となったからといって
チケット代返せばいいんでしょでは済む問題ではありません


北海道から沖縄まで
遠方からきている客にとっては

交通費や宿泊費も飛んだということになります

今回の天災ではない場合
事務所側に訴訟することはできるのでしょうか??


一つ参考になりそうな資料を見つけましたので
紹介したいと思います

第21条(払い戻し金額等)
公演の延期又は中止の場合の払い戻し金額は、
入場券等の購入金額とします。

入場券等の購入者が払い戻しを受ける場合、
旅費、通信費、その他入場券等の購入に際し
支出した費用等を一切請求することはできません


但し、郵送手数料を主催者又は委託販売者に支払っている場合であって、
まだ入場券等の郵送がなされていないものについては、
その払い戻しを受けることができます。

引用:ライブエンタテインメント約款



この約款通りに従えば
チケット以外の費用は補填され無さそうですね

これじゃあ世間も黙ってはいないと思います







せめて次のコンサートへの優遇扱いなどはしてほしいものですね

この日のために休みをとったという方も多いはず・・・

・まとめ


今回の報道とチケット等の払い戻しについてまとめて見ました

チケットの払い戻し方法に関しては
公式の発表がありましたら追記していきたいと思います

それでは最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です