アニサキス症の予防法によく噛むは無意味!!正しい予防方法とは?

芸人の品川庄司の庄司さん渡辺直美さん
が襲われたことで有名になった

「アニサキス」

普通の家庭でも潜んでいるアニサキスは
何より予防が大事です

しかし、その予防方法に

「よく噛めば大丈夫」

という答えがあり、
ちょっと不信感を覚えました。

アニサキスの症状に言及し
正しい予防方法を学びましょう

・アニサキスの症状

アニサキスは

寄生虫の一種です。

長さは2~3cm、くらいで、
白色の少し太い糸のように見えます。

言ってみればもやしみたいなもの

※これはもやしです。
アニキサスの画像は見たくもないのでご自身で検索願います

アニサキスは

サバ
イワシ
カツオ
サケ
イカ
サンマ
アジ

などの魚介類に寄生します。

魚介類の内臓に寄生しているアニサキスは

魚介類が死亡すると、

内臓から筋肉に移動します。

まぁ細かい情報はここまでにして

アニサキスの症状はどうなるのかまとめますと

食後数時間後から十数時間後に、

・みぞおちの激しい痛み
・悪心
・嘔吐

症状にかかった庄司さんのコメントでは

「腹痛というよりは胃が痛いという感じ。
下すとか下痢になるという痛みではない」

渡辺直美さんも

「アニサキスに注意です。激痛すぎてアラサー病院で泣きました」

とコメント

家庭でもできる予防方法を調べてみました

[adsense]

・「よく噛む」は予防にならない

よく噛めば大丈夫って誰が言ったんだ。。。

そもそもアニサキスがいるとわかったら
まず口に入れるはずがないし

よく噛むって表現が曖昧すぎる。。。

だから皆様にしてほしいことは

第一段階として
・新鮮な魚を選びましょう
・魚丸ごと1匹購入したら内臓を速やかに取りましょう

これまではアニサキス関係なく行っていることですよね

第二段階として
・生で食べる場合、目視で確認しましょう
(もやしのようなものなので、目で見える大きさです)

ちなみに、

塩、醤油、食酢、わさびにつけても
アニサキスは死滅しません

だから生で食べる場合は
目視が命です!!

では、保存する際や、調理する際の注意点もまとめます

保存する場合、
・冷凍しましょう
(-20度以下で1時間以上冷凍するとアニサキスは死にます)

しかし、普通の家庭で−20度冷凍は難しい

だから、生で食べるときは

・その日のうちに食べる
・保存したあとに食べるのであれば目視が命

加熱する場合には
・60度以上で1分以上
(70度以上で加熱するとアニサキスは死にます)

つまり、
アニサキス症にかかりたくなければ

加熱でOKです

生で食べる人は
本当に、本当に注意して調理してください

「よく噛めばいいや」
という考えで、魚を目視することを怠らないでください

それでは、皆様が楽しい食事を過ごせることを願っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です